i:kust:i


*詞と詩の公開*前の記事へのコメント大歓迎♪絵は[空色の夢]の絵夢さんに描いていただきましたvv
by I-v-music_wordrum
プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ:詞( 62 )

その眼に映る景色



重いおもい 鞄を背負う
しょいなれているはずなのに
ごわり、と馴染まない

赤い赤い ランドセルには
侮辱悪口 汚れだらけ
がちゃり、とフタを閉め

殴られ、蹴られ バカにされ
私の眼は赤い炎
揺らめきだす

小さな頭でも 整理はついてます
ねぇ先生、なんでごまかすの?
子供は幸せになる、っていうなら
私は?
私は?
私は?
小さい瞳でも 涙はでるんです
ねぇ先生、なんで笑ってるの?
暗闇しか見えないから
一人風になって見ます
さよなら
さよなら
さよなら



重いおもい パンチをくらう
もう慣れているはずなのに
じわり、と胸が痛い

赤い赤い 折り紙撒いて
あいつらの血を 思い浮かべ
ざくり、と切り刻み

殴られ、蹴られ バカにされ
私の眼は黒い吐き気が
ちらついて...

小さな頭でも 整理はついてます
ねぇみんなは、なんで楽しいの?
私がみんなよりも、劣ってる?
私が?
私が?
あんたは?
小さい瞳でも 涙はでるんです
ねぇみんなは、なんで笑ってるの?
暗闇しか見えないから
一人風になって見ます
さよなら
さよなら
さよなら

絶望しかみえないから
一人宙に浮いてみます
バイバイ
バイバイ
ばいばい。



**************
御題「いじめ」。
あーあーかいちゃったよ、課題終わってないのにwww
[PR]
by I-v-music_wordrum | 2007-01-11 02:47 |

×××××



叫び声 笑い声 罵倒 罵倒
キチガイと呼ばれることが
たまらなく嫌で

泣き声に あえぎ声 罵倒 罵倒
誰もが笑っているように
感じてしまう

この耳は聞こえない 聞こえない
自分を貶める声しか
この頭 壊したい 壊したい
こだまし続ける!

まともだと思っていた考えが
世界中から否定され続け
まともだと思っていた居場所は
実は監獄よりも汚らわしく
まともだと信じていたあいつは
僕を誰よりも莫迦にしていた
気づいてしまった 崩れてしまった
世界が すべてが

叫び声 笑い声 罵倒 罵倒
キチガイと言われることに
痛みはなくなって

泣き声に あえぎ声 罵倒 罵倒
誰もが笑っているなら
僕もするまで

この耳は聞こえない 聞こえない
自分を殺す言葉しか
この頭 潰したい 潰したい
こだまし続ける!

まともだと思っていた考えが
世界中から否定され続け
まともだと思っていた居場所は
実は監獄よりも汚らわしく
まともだと信じていたあいつは
僕を誰よりも莫迦にしていた
気づいてしまった 崩れてしまった
世界が すべてが

ずっと信じていたのに、神様よ
世界中から否定され続け
まともだと思っていた居場所を
いともたやすくかき回され
いつまでも大事な友達を
一番とくまで遠ざけてしまって
なにをしたっての? もう嫌いだ
人間 神々 世界が すべてが


********************
ブラックジャックによろしく、を読み直してみたり。
掃除してたら出てきたww
[PR]
by I-v-music_wordrum | 2007-01-03 16:40 |

潔癖症



吸い込む空気は透明で
吐き出した息は真っ白
こんなにも こんなにも
真っ黒な胸の中から
吐き出されているのに

汚らわしい、自分もあいつも
定義づけもしないで
何かを求めるから

自分に降りかかる すべてが
何もかも気になって 気になって 気になって
堪らずシャワーで洗い流しても
その水も汚い気がして
自分に触れるもの 捨ててよ
何もかも邪魔なんだ 邪魔なんだ 邪魔なんだ
あまらずトイレに吐き出しても
まだまだ汚い気がして…

汚れが気になるってことは
きれいな状態をしってるからだよね…?


溶け出した氷は透明で
固まった水はキラキラで
こんなにも こんなにも
油汚れみたいな
吐き気がしているのに

汚らわしい、自分もあいつも
基準なども知らずに
何かと比べるから

自分に降りかかる すべてが
何もかも気になって 気になって 気になって
堪らずシャワーで洗い流しても
血を浴びているようなんだ
自分に触れるのも 嫌なんだ
何もかもイヤなんだ イヤなんだ 嫌なんだ
あまらずトイレに吐き出しても
まだまだ汚い気がして…

汚れが気になるってことは
きれいな状態をしってるからだよね…?



******************
バイト先でしつこく手を洗ってたら潔癖症に勘違いされました(笑
だって食べ物扱うからきびしいんだもの。。
きちんと守ってんのは私だけなんだろーか?(爆
[PR]
by I-v-music_wordrum | 2007-01-03 16:24 |

猫科の年男



うずくまり 温かさ溶け
寝いきがリズムを刻み
するどい目も いまでは
ゆるやかに、なごんで

憎まれ口ばかり
じゃれて爪を立てて
どうしようもなく、かわいくて

鮮やかに鳴る 足音も
同じトーンの声で おしゃべりして
意地悪しても 許してね
同じオーラの夢を 見ていたい
頑なに持つ たからもの
支えてあげたくて
頭を撫でたくて

いつかしまった温かさを
思い出している自分が居た。


あてもなく 歩いてみる
足音がテンポ刻む
冷たい手も いまだけ
ぬるまゆに、つかって

素直な反応で
じゃれて笑いあって
どうしようもなく、いとしくて


鮮やかになる 世界すら
同じトーンの色で 眺めていて
意味無いものも 一緒だと  
同じパーツのネジも 楽しくて
強情っぱりで 天邪鬼
抱きしめたくなるよ
ずっと側にいたい

いつしか忘れてた 無邪気さ
思い出していた私が居た。

いつかしまった温かさを
思い出している自分が居た。



************+**
即興詩。御題「ペット愛」(笑
[PR]
by I-v-music_wordrum | 2007-01-01 03:39 |

不幸喰らい



他人の不幸は蜜の味
傍観者気取る私に
コレほど楽しい娯楽は
他に見当たりませんでした。

自分の不幸に愛想笑い
不幸自慢する私は
きっと目をキラキラさせて
誰かに話していたでしょう。

なのになぜ、なにになぜ。
あなたの不幸は胸をえぐる?


他人の痛みに共感できずに
育った私にゃわかりません。
これがなんなのか
これがなんなのか。
自分と他者に区別するのに
たいした知識も要らないでしょう
これはなんなんだ
これはなんなんだ。


他人の不幸は蜜の味
傍観に徹した私は
コレほど素晴らしい名言に
感動せずにはいられません。

自分の不幸にも甘さ覚えた
恍惚に似ているまどろみを
苦しむ様を見て笑って居た
そのとき人は私を恐れるから

なのになぜ、なにになぜ。
あなたの不幸は胸をえぐる?

他人の苦しみ笑ってきたゆえ
狂った私にゃ分りません。
これはなんなんだ。
なんでこれほどに。
苦しみ悲しみを迎え入れた
冷え性の手に残るざらつきも…
これはなんなんだ
なんでこれほどに。


他人の痛みは笑いの素です、と
酒の席でいいました
今では後悔しているのです
あなたの痛みはただの痛みです
自分以上に痛みます
ひどくひどくひどく痛みます。


********************
寝れない+酒入り+。。。=orz
まあこれはこれでたのしいいけどww
[PR]
by I-v-music_wordrum | 2006-12-14 04:36 |

あの子が生まれてあの子が死んだ日



私が生まれたのは3年前
押しつぶされて破裂して
凝り固まった本音ちゃん。
吐き出すの 立板に水の如く

私が生まれたのは8年前
めそめそするなら笑おうと
開き直った泣き虫さん。
笑うのよ たとえ何があっても

空中分裂 繰り返す
のどから心臓がでそう

共感も同情もいらない
皮膚の上の温度だけで良い
それでも笑顔の、彼女がいるから。
同意も賛成も求めない
手の届く距離で構わない
それでも突き放す彼女が居るけど
私が自ら 拠り所とならなくちゃ
私は独りの スペースに居なくちゃ
私は自ら 島となって居なくちゃ

私が死んだのは 13年前
初めて私を否定され
立ち直れなかった意気地無し
へたりこんだ 崩れた砂を見て

私が死んだのは 11年前
絶望自覚し 飛び下りた
教師とまどう困ったチャン。
感情は あらわにするものよ。

信頼関係 見失い
嘘また嘘の上に立つ

愛情も友情も大好きよ
でも私は臆病だから
やっぱり笑うしか手段がないの
ヒトがただ怖くて怖くて
それでも求めようとするから
突き放す彼女が出て来るけど‥
私は自ら 島となって居なくちゃ
私は独りで 造っていかなくちゃ
私はだれとも 繋がらずにいなくちゃ

私が生まれたのは 15年前。
愛に包まれ 優しさに
幸せ感じて遊んでた
大好きよ この世界の全てが‥



**********
なんだかなぁ‥
[PR]
by I-v-music_wordrum | 2006-12-13 10:43 |

独りきりの部屋の飾りは自己満足ゆえに


雑誌の心理テスト
いやに信じてしまう
見透かしてよ、底なし沼

階段の数
夢のあと、寝付く

灰のようにしなやかに
刹那の軽さ飛び越えて
鮮やかに切なげに
爆音過ぎた道のあと
貝のようにかたくなに
部屋の笑みを飾り付け
サイズの合わぬ背伸び‥

切符をひきちぎって
何処へ行こうと言うの
泣きじゃくるは、嗄らす実り

永遠という
夢の夢、最期

砂のように流れのように
乾く身体、とまらずに
酔いどれに巧みに
口説いた台詞はしらせて
眠たげにあざ笑い
部屋の隅で野たれ死ぬ
歪みを葬れたなら‥

灰のようにしなやかに
刹那の軽さ飛び越えて
鮮やかに切なげに
爆音過ぎた道のあと
貝のようにかたくなに
部屋の笑みを振り払う
サイズの合わぬ背伸び‥
葬れたなら‥


飾り付けて



*****************
相変わらず影響受けたものが分りやすいなw
酔った勢いで殴り書き(殴りうち?)してみたり。
酔っ払いクオリティーv案外まとまってる?
[PR]
by I-v-music_wordrum | 2006-12-11 23:30 |

思い出と支え



肩車 柔らかな髪
夢見ごち まわれ舞いたり

グラスが割れた
音で目覚め
また一人おびえて

あぁ何も無い、
この身体も不確かで
疑う私が確かでも
さみしぎるよそんなこと…


さざめくよ 柔らかな笑み
風車 からからからり

氷が溶けた
ただ冷たく
また一人泣いてた

あぁ何も無い
信じるべき神は居ない
疑う私は確かだと
淋しいけど、心の支え…


柔らかな笑み、肩車…
廻れ舞いたれ、風車…


*****************
淋しい夢…
草原、館、縁日、刀、炭火、黒部屋…
…混ぜれなかったぜちくしょー(笑)
[PR]
by I-v-music_wordrum | 2006-12-03 21:28 |

仮面


笑顔を張り付けたの
身を守るために‥
些細な事でも 痛みは怖くて


悲しみという言葉が
あやふやに
ぼやけて行く

つきまとうのは
寒気にも似た寂しさ

笑顔を張り付けたの
身を守るために
些細な事でも 痛みは怖くて
素顔は見せられないわ
あっちを向いて居て
お化粧崩れが ヒドいから‥


好きだという感情が
おぼろげに
かすんで逝く‥

好きもきらいも
もう分からなくなっていた

両腕で抱きしめても
風は止まない
笑って居たのに こんなに容易く
行き交う雨と風に
身も心も冷えて
気付けば泣き方 思い出せなくて‥


さけんで!


笑顔を張り付けたの
身を守ることで
些細な事では 痛みなどなくて
なのに
取り返しがつかない
心に風穴
嘘という弾は 胸を打ち抜いた
血が流れてる様で
悲しくて 切なくて 淋しくて
ちゃんと泣きたくて‥
気付けば泣き方 思い出せなくて‥


「涙が。」


笑顔を張り付けたの
精一杯
些細な信号 気付いて欲しくて‥



**************
こっこ聴きながら。
こっこは痛いほどに響く声と歌詞がすきーv
ちみっと修正。
[PR]
by I-v-music_wordrum | 2006-11-27 00:20 |

蟲喰イ


常につきまとう
小さな蟲
払えば払うほど、数は増えて

側に現れる
不意打ちな音
聞けば聞くほど、音は大きく…

喰い荒らす、その勢い
砂糖に群がる蟻の様。
もう虫くいだらけで
もう穴ぼこだらけで

空いた穴から 風が吹き抜ける
それだけならまだ 笑って誤魔化せる 
空いた穴から 孤独の種が芽吹く
何となく不安 少しずつ募る
いたたまれない自分は
冷たい血を流し出す為に
片手に鋭を握り締める。
でも‥


深く寄生する
小さな蟲
潰せば潰すほど、染みとなる‥

喰われてく、僕の心
狼が喰う腐肉の様。
ああ、原型すらなく
もう復元など無理?

喰われた傷に 風が突き刺さる
すでに孤独ゆえに もう作れない笑み
喰われた傷に 孤独のツルが這う
根拠の無き孤立… 妄想と笑う?
めり込む痛みをそらす様に
手首に術を刻み込む。
でも‥

被害妄想と笑う?

いたたまれない自分は
蟲を追い出す為に
出口を手首に刻み込む‥

でも。


***************
前書いた詞の修正。
…良くなったか悪くなったかは謎w

基記事→蟲喰い
[PR]
by I-v-music_wordrum | 2006-11-17 01:10 |

カテゴリ

はじめに(あいさつ
ぼやき(日記?


即興詩
五行詩
漢字でGO!

リンク集


∞ユメマボロシ∞

【管理人:美城 紗羅さま】

Diretto strada

【管理人:香澄 郁さま】

きまぐれの詩

【管理人:嵐兎わん様】

からしの脳内図書館

【管理人:からし様】
紅花
【管理人:林檎さま】

作詞しようよ!

【管理人:矢入ケーイチ様】

MIKAMIのへんなものさし
【管理人:MIKAMIさま】



作品力を上げたい!同盟



クリックお願いします☆



消失同盟

リンクフリー&相互募集中です!^^
жバナーж

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧