i:kust:i


*詞と詩の公開*前の記事へのコメント大歓迎♪絵は[空色の夢]の絵夢さんに描いていただきましたvv
by I-v-music_wordrum
プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ:詞( 62 )

狂宴



聴きたくない自分の音は
自らの耳を塞いでごまかした
周りに音漏れしているのにも
気付かないフリをして。

触れたくない錆びれた皮膚を
微かにつないだ沮臭の血化粧
それすらヒビ割れしているのにも
そしらぬ素振りをして。

塗り潰されて逝く視界に
唯一あるのは
香しく零れる椿

狂った踊りに咲き乱れる
仮面と迷路の宴は続く
ほつれたドレス 気にも止めずに
百鬼の夜更けへ連なりと
「まだ日は暮れない」
か弱きかな三毛猫の寝言

眠りこけた金槌で さあ
叩き割ろうか 枯れた花時計
時の流れなどないと酔ったつもりで
さも気取ったその態度。

取り壊されて逝く鼓膜の
奥で響くのは
艶やかな教会の鐘

狂った踊りに咲き乱れる
仮面と迷路の宴は続く
ほつれたドレス 気にも止めずに
百鬼の夜更けへ連なりと
「まだ日は暮れない」
か弱きかな三毛猫の寝言

狂った音頭と音痴な指揮者
腐敗の仮面は踊り壊れる
目隠しされた 姫のイスには
火の魔が口を開けたままで
「ほら火は紅」
憎たらしい化け猫の口笛

狂ったまま こわれたまま
仮面と迷路の宴の続き


***************
‥勉強してる時に限って書きたくなる法則(笑)
なので内容は‥(;´Д`)
まぁノリでw
[PR]
by I-v-music_wordrum | 2006-11-14 01:49 |

生暖かく甘やかすもの



待ち焦がれていた
絶壁での 背中の一押しを
時間はかかるだろうか
「楽になれるよきっと。」

ビー玉 イヤホン マッチ アロマキャンドル
現実をあやふやに
悲しき体温をまさぐれど
空は高く

薄っぺらな機械の音で
寂しさはまぎれても
薄っぺらな電話がつなぐ
絆と呼ぶには脆すぎて
とろける様なミルクティー
毒を盛るには甘すぎる

喉を破いて叫ぶほどには
まだまだ壊れきれていない。

雨は流れるだろうか
「線で消し去れるんだよ。」

アメ玉 クラウン 般若 スケッチブック
現実をひた隠し 
ぬるま湯はじき冷えるだろうに
塔は透明

気の向くままに身を委ねよ
淋しさはまぎれるよ
快楽のまま食らい尽くせ
繋いだ紅さが絆なら…
ざらつく様なダージリン
目を覚ますにはまだ温い
とろける様なミルクティー
毒を盛るには甘すぎる

腕を裂いて泣き叫ぶほど
痛みは疼かず まだ遠く

喉を破いて叫ぶほどには
まだまだ壊れきれていない。


*******************
ちらほら前に使ったフレーズが。。(汗
まあいっか。即興詩ってことで片付けとこw(マテ
[PR]
by I-v-music_wordrum | 2006-11-12 20:50 |

標し




「一つずつ、分かり合えればいいよ」
笑ってくれた 昼間思い返す。
居心地のいい お気に入りの場所
あの日にはもう、帰れないけれど

「一つずつ、進んでいけばいいよ」
ゆるい空気に 優しきあの時。
望んでいた答え 初めての笑み
満たされていたんだね。僕は…

常識など常識でない僕に
紐解くように教えてくれた
あなたは雪と一緒に流れたけれど…

腕に刻んだ13時
羽根は生えていないけれど
いつしか消えてしまうだろう 思い出だけでは…
瞳が乾く午前2時
生ぬるい南東風はまだ
冷える雨雲のしたで あなたを待つ


「一つずつ 作っていけばいいよ」
ともに歩いた 砂利道思い出す。
柔らかな日差し つないだ暖かさ
まぶたの裏に、潤んで浮かぶ

めくるめく日々に目を回していた
目を瞑る瞬間すら惜しくて
僕はアナタに何かしてあげれたっけ?

ちり、としみる夜八時
レンズは何も映さないけど
ともに歩こう、この身体を標しにするから
足音きえる17時
耳が冷える北風もまだ
曇る鉛色のしたで あなたを待つ

腕に刻んだ13時
羽根は生えていないけれど
いつしか消えてしまうだろう 思い出だけでは…


******************
…まぁ即興の割にはかけたほうかな??
韻は後でそろえよう…
[PR]
by I-v-music_wordrum | 2006-10-31 00:07 |

お掃除ROCK★


あたり見回せば、
足の踏み場すらないワンルーム
なにがどこにあるかは
一応分ってるんだけどね...

...誰の歯ブラシだったっけ?
たまり場俺んち下手すりゃゴミ溜め;

掘り起こしてみれば
あらら懐かし本めっけ★
なにがどこにあるかは
ちょっとしたお楽しみだけどさ...

...Mr.Gが出ちゃったら
これはさすがにやばいでしょ...(((((((((@_@;)
散らかしたの、俺じゃないのに...
まずは歯ブラシある人
召喚しましょ、そーしましょ...

とやかく言うな片付けろっっ
カーペットで手を拭くなぁ!!
隠してるつもりか、その空き缶。
...先輩でも容赦せんよ?
ウーロン茶を放置するなぁ!!
あ、燃えるゴミこっちね。

そこ!ギター弾き始めない!!
...カカト落としいれるぞクルァ!!(▼д▼#)


あたり見回せば、
行き場のないガラクタ三昧
もうすでに分別するするほど
全く気力は残っていません...

...誰の歯ブラシだったっけ?
洗面台の掃除ブラシになってるし;

冷蔵庫をあけてみれば
あらま素敵な酒めっけ★
なになにこれって貢ぎ物??
ちょっとしたパーティー開始vv..

ご苦労様様っっ乾杯じゃ(*>ω<)
これから週一お掃除でー
その後打ち上げvvこれーじゃん♪

がんがんがんがん 騒いで浴びて飲んで歌って
だんだんだんだん 意識が遠ざかっていって
すがすがしいはず スズメがさえずる朝が来た♪

...


.........


...何この惨状...。。。


ちょっと;待て待て帰るなよー!!
...カカト落としいれるぞクルァ!!(▼д▼#)


(そしてはじめに戻る...)



*********************
部室がマジできたないんです(笑)
なんでですかねぇ...男の人がおおいからか?
で、この前部長に美化委員に任命されました(爆)
実力執行(カカト落とし)の許可も下りたし♪vv
なんていうか...自分の部屋はマジで終わってるくらい汚いんですけど
部室とかはキレイじゃないと気がすまない性質(どんなだよ;
[PR]
by I-v-music_wordrum | 2006-10-07 01:58 |

平面図の裏側


たたき付ける雨の音
真っ白にかぶさる霧
静まり返る家のなか
賑やかなテレビの音

「矛盾の雨に溶けちゃうから‥。」
言い訳して確かめることもなく

「同じ窓を開けたら
本当にいつもの景色が
ちゃんとあるのかな。」
子供の戯言に
いまだ答えを見つけられぬまま

不安で不安で不安で不安で
開け閉め開け閉め繰りかえ返す
窓のサッシはキリキリキリ「霧」
すり切れ戯言、悲鳴を上げたい
怖いよ怖いよ怖いよ怖いよ、ねぇ
馬鹿だ馬鹿だわ、バカバカしいと
ひた笑うなら証明してよ
子供にも大人にも男にも女にも
ピタピタピタくる答えを教えて。


真っ黒に塗り潰した
昔の絵が物語る
黄色でかわいいヒヨコを
書くつもりだったのに、LAI...

「せめてこの傷が癒えるまでは‥」
自分でつけた細かい浅い傷のくせに。

「この『雨』が止んだら
本当に『雲』がちぎれて
『太陽』がでるの?」
『太陽』でも『雨』でも
『雲』でもない何かがあると望んでる。

壊して壊して壊して壊して
かちこち殻は未だに破れず
文句と雨でぐちゃぐちゃぐちゃ「愚痴」
カラカラから殻から語り
潰して潰して潰して潰して、ねぇ
自分じゃ矛盾に甘えちゃうから。
まだひた嗤う?それでもいいさ
どうしても、どうしても、わからない、どうしても
ギリギリきりきり答えを刻んで

不安で不安で不安で不安で
開け閉め開け閉め繰りかえ返す
キリキリキリ「霧」 すり切れ戯言、また高笑い
怖いよ怖いよ怖いよ怖いよ
ひた笑うなら証明してよ
殻から、肩から肩、空回り。
冷える心臓、流れる濁血
なんとなく、なんとなく、分りそう、わからない。
ばちばちばち「罰」あたりな仮説。

AH...答えを「刻」んで。



***************
ガゼットの曲をきつつ、実話交えつつ(景色がどーのこーの)で書いちゃった産物v(何
最初はバラードっぽい感じで
「不安で~」の連からテンポアップしたら
かっこよく聞こえんのかなぁとおもったり思わなかったり
後でちゃんと修正しよ。。
[PR]
by I-v-music_wordrum | 2006-09-14 11:32 |

クロスロード



歩んできた、道を振り返った
側に横たわる、離れていく道
うらやましくも思ったけど。

気になったのはサイレン音
もう戻れないけど
もう迷わないよ。

ありがとう、一瞬でも
同じ時間にいてくれて
ありがとう、一時でも
同じ砂利道 歩んでくれて
ありがとう、短い時を
私のために使ってくれて
ありがとう、一緒に居て
一番信用させてくれて

もっと上を目指すけど、上は見ないよ
前を向いて、歩いていくよ。


ともに歩んだ、日々を思い出した
莫迦なことをして、笑いあった日々
時々、感傷にひたっちゃうよ。

折り重なった波の音
もう戻れないけど
また秋が来たよ。

ありがとう、一瞬でも
同じ時間にいてくれて
ありがとう、一時でも
同じ砂利道 歩んでくれて
ありがとう、短い時を
私のために使ってくれて
ありがとう、一緒に居て
一番信用させてくれて

足元気をつけるけど、下は見ないよ
前を向くよ、目が乾いたって。

あの日に帰りたい衝動は
想い出に溶けていった。
忘れたんじゃない
心の、私の、一部になったんだ。

ありがとう、一生分、
同じ空間にいてくれて
ありがとう、一晩中
凹んだ私に触れてくれて
ありがとう、一日中、
私のために使ってくれて
ありがとう、一緒に居て
一番心を開いていてくれて

上を目指すけど、上は見ないよ
前を向いて、歩いていくよ。

今度会うときは、お互い
たどり着いてから。



*********************
………。。。明るいか微妙。。泣
離れ離れになった親友に向けるような気持ちで
うち頑張ってるZE★(ぇ
な感じで書いたはずなのに。。
読みかたによっては死に別れた人へのメッセージにも…!!(滝汗)
…ま、読む人によって違うってことで(逃げの一手ww
[PR]
by I-v-music_wordrum | 2006-09-04 00:11 |

半身マリオネット I--E--N



指が、手首が、肘が、腕が
うごめき、空を切る
指が手首が肘が腕が
ざわめく。たえ逃げる
同じ毎日、変わらぬ日々に
同じ動作でそら笑い
同じ手順でから回る
無意味な理由を抱え。

囚われた右手、守られる左手
闘いあう、繰り返す
吐き出せぬ私怨 あばかれる自演
見え隠れ、偽善 崩れて行く理念

ただ大地を蹴って
嗚呼ここに居るよ
あなたが居ると
そう言われるだけで。


土が地面が道が筋が
うごめき、ねじれる。

同じ毎日、変わらぬ日々は
すぐに裏切りひた嗤い
同じやりかたから回る
要らぬ存在と囁き。

とり憑いた右手、逃げ切れぬ左手
ずた傷付け、押さえ付け
ぐらつくは思念 積もりゆく疑念
掻きむしる仮面 遠ざけた、慈善

ただ海に預けた
嗚呼その身体ごと
あなたそのもの
そう言われるだけで。


ただ大地を蹴って
ただ海に任せて
ただ風に吹かれて
嗚呼、嗚呼‥

嗚呼ここに居るよ
あなたは存在(ある)よ


そう言われるだけで。



****************
久しぶりの詞。
‥‥‥最近聴いてる曲(バンドの曲とか)がダークなせいか暗い‥(汗)
しかも題名も浮かばない‥(одо)

次は明るいのを書くぞっ!
[PR]
by I-v-music_wordrum | 2006-09-01 15:12 |

おやすみタイマー


カチカチかちかち
ちっくったっく。
かちかちカチカチ
ちくたくたっく。
か、ち、か、ち、ち、

おはようさん、と言う程には
お日さまは高過ぎるけど
どうにもならないんだよね
僕は夢の住人なのかなっ?

授業にはマクラ持参★
この季節にはゴザがいいな
畳のにおいに包まれて
お菓子の夢、続きを見てる

この世界は目覚まし時計で
僕の世界とつながってる
さぁ一緒に眠りませんか?
ふわふわな雲のうえで‥

ケーキのお城に青い騎士
シルクハットが似合うネコ
追いかける透明人間
ばたばた走れば崖っプチ

がらりと変わって海の底
溺れる錯覚、掴むうで
助けたのはいつもの少女
可愛らしい星の指輪
誰かに似てるような気がする‥?
あぁおはよう、お月様。

カチカチかちかち
カチカチかちかち
カチカチかちかち
カチカチかちかち
ちっ。
ぢっ。

二度寝は至上最高v
寝返りしてまた堕ちる。
かくんと下がった意識の向こう
愛想笑いの僕が見える。

僕の世界は目が覚めて
初めて楽しくなるんだよ
さぁ一緒に眠りませんか?
きらきら星を見ながら‥

アイスの浜辺に百合の花
巨大なハサミは雲を切る
ステンドグラスの空模様
ベタベタかたどる白い糊

がらりと変わってハコの中
飛び起きて見れば黒いヒト。
抱き付いたのはいつもキミ
可愛らしい星の指輪
あぁ、あの子はキミだったんだね
誰かに似てるような気がしたよ
あぁありがとお日様。

だけど
それでも二度寝は最高v
ラララ
それではまた、おやすみなさい☆彡

か、ち、か、ち、ちっ。



***************
今日みた夢w
夢の中で夢みることって‥ありますよね??(@_@;)
若干アンカフェの影響あり...??
[PR]
by I-v-music_wordrum | 2006-07-26 11:16 |

祭時


てんてんてんツクツクてんてんツク
てんてんてんツクツクてんてんツク
転々天突く憑く点々。

遠くで騒ぐ日没、笛の音。
にじり焼ける小道に
打ち水の影が わぁと昇る。
生温くなってきた、から空気
じめりけなど 厭わない。

決まった分だけ
生き抜いて
決まった分だけ
燃えて逝った
今日はあの人を迎える日。

太鼓が 笛が 舞が
ぶつかりこぼれる。

鳥居をくぐれば、ハレの世界
松明は揺れ、吠え、はぐれ
リンゴ飴の冷たい赤色
かき氷のみぞれ、溢れて
じわ、と染みて首をながれた
ケを捨ててみれば、映る淡さ
金魚掬いの移ろ易さ
綿菓子のやわらかな甘さに
しばし依存し、今を生きる。

てんてんてんツクツクてんてんツク
ツクてんてんツクツクてんてん
てんてんてんツクツクてんてんツク
点々天突く衝く転々々
展々、天吐く、展就く添殿。

どこかで絡む永存、富士の身。
からりと鳴る下駄の音
綾かしの影に ざぁと起きる。
そら寒くなってきた、夏ひより
踏み越えるのは 怖くない。

決まった分だけ
生き抜いて
決まった分だけ
燃えて逝った
今日はあの人に近づく日。

私の 意味に 価値を
ざらけりばらけろ。

石段上がれば、黄泉の扉
狐おもて、尾を振り、嗤う
掬った金魚、酸素を欲し
祭はあち、こちを繋ぐ
扉を開ければ、黄泉の世界
擦り切れ言に耳ふさぎ
繋いだ赤さにヒビが入る
ひやり手の平、濁る温度
しばし囃子を、遠ざけ笑う。

合わせた手の平、握り締め
かすむ暗闇、気色が揺れる。
触れた素肌に吸い取られ
口唇なめて和毛の接吻を。
我に返れば、後の祭り。
残るは首筋、永久の一時。

綿菓子のやわらかな甘さに
しばし依存し、今を生きて。



************
あいっ!こんな感じになりました♪
‥‥‥涼しくなりました?ι
‥リクエストにお応え出来てるのかどうか‥(@_@;)
一応祭りとお化けと恋愛をまぜたような混ぜてないような‥(何だよ
お祭りってこの世とあの世をつなぐらしいですよ★(謎
そして例のごとく造語のオンパレィドです(汗)

こんなのやだっ!
もっと別のもみたい!
などありましたら遠慮無くいってください♪(o^ν^o)
[PR]
by I-v-music_wordrum | 2006-07-11 18:54 |

真理



ついこの間までは
嘘を吐くのが当たり前で
そう土台すら嘘だった
あぁ何にも無い事が
真理だと自信を持って
そう思っただけなのに

ためらう事を
あまえる事を
あきらめる事
やっと理解したのかしら?
大人になったのかしら?

たった一歩が踏み出せなくなった
雨と手を繋いで
雨垂れを隠す日々は
少しずつ終わりを告げているけど
自分の根拠を見失ってるみたい
無い事すべてが
全ての普遍妥当とは
急に思えなくなってしまったの
大人になったのかしら?
あなたに会ったからかしら?


タバコを覚えたのは
火が落ちる時が好きだから
自分も消える気がしたから‥
過去を持ち出すのは
驚く顔がみたいから
ただそれだけ‥

たよる事とか
眼にうつる事
しんじる事を
やっと教えてもらえたわ
素直になれたのかしら?

たった一歩がわかった気がした
棘を腕にまとって
傷つけ傷つく日々は
ようやく幕切れに近付いたけど
存在理由をまた問い直してみるわ
「在る」こと「無い」こと
「総てにおける事実」など
それこそ「絶望」かもしれないけど‥
それでもあなたが居るなら‥

大人になりきれるまで
素直に思い想えるまでは
そう、真理を追い求める

すべてを理解仕切れるまで
あなたが側にいるまでは
また、別の世界を広げてみる。


「在る」こと「無い」こと
「総てにおける事実」など
それこそ「消失」かもしれないけど‥
[PR]
by I-v-music_wordrum | 2006-06-24 12:18 |

カテゴリ

はじめに(あいさつ
ぼやき(日記?


即興詩
五行詩
漢字でGO!

リンク集


∞ユメマボロシ∞

【管理人:美城 紗羅さま】

Diretto strada

【管理人:香澄 郁さま】

きまぐれの詩

【管理人:嵐兎わん様】

からしの脳内図書館

【管理人:からし様】
紅花
【管理人:林檎さま】

作詞しようよ!

【管理人:矢入ケーイチ様】

MIKAMIのへんなものさし
【管理人:MIKAMIさま】



作品力を上げたい!同盟



クリックお願いします☆



消失同盟

リンクフリー&相互募集中です!^^
жバナーж

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧