i:kust:i


*詞と詩の公開*前の記事へのコメント大歓迎♪絵は[空色の夢]の絵夢さんに描いていただきましたvv
by I-v-music_wordrum
プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ:即興詩( 99 )

ネイル



淡い淡い、パステルカラー
爪に載せて 待ちぼうけ

淡い淡い、期待は空
爪が割れる 待ちぼうけ

くどいくどい、不安の殻
詰が甘い? 立ち上がる

赤い赤い、ネイルカラー
上に重ねて 強がってる。



**************
久詩。
百均の新色が想像以上に似合わなくて
上からいつものカラーを重ねてみた。
…しょ、ショックなんかじゃないもんねっ!!(涙
[PR]
by I-v-music_wordrum | 2007-05-28 23:59 | 即興詩

ぐるぐる



ぐるぐる廻る世界の中
僕は立ってる
ぐるぐる巡る世界の中
何とか立ってる

弱りながら餌を運ぶ
蟻が横切って行く
どこに行くの 何をするの
不満なんてないのかい

呼吸すら忘れそう。
忙しいこの街じゃ
お気に入りの場所さえも
たやすく奪われてしまうけど
呼吸すら大変だ。
海水にまぎれたメダカ
会いたいと思った頃
はたしてだれがいるだろう?


ころころ顔が変わる
世界に生きている
ころころ顔が変わる
世界についていってる

羽を残し、踏み潰された
虫を自分に重ねる
こうなるぞ こうなるぞ
爪先立ちで息つなぐ

呼吸すら忘れそう。
忙しいこの街じゃ
立つ場所さえ分らない
変わらないのが罪なのか。
呼吸すらむずかちー。
真空を飛ぶミツバチ
忙しくて目が廻る
ぐるぐるぐるぐるだれがいる?
果たして廻りにだれがいる?
ぐるぐるぐるぐるだれがいる?

**********
金、土の東京はジョニーばりの人の多さです。。
常に半分くらい消えろー!!!と思わないと
歩けないくらいねww
[PR]
by I-v-music_wordrum | 2007-05-27 01:24 | 即興詩

ノイズ



ノイズに近い声
頭に直接響き渡る
幻聴ー妄想ー。
コイツで自分を殺したくなる

何度も何度も脳内で
あなたとあの子と僕を殺して
手足手首指と髪
捩じ切って捨ててんげり

ががががが。ががががが。
ノイズが走る 故障中
ががががが。ががががが。
思わず洩れる 泣き笑い
ががががが。ががががが。
最期の世界は きれいかな。
ががががが。ががががが。
泣く人も居ない 猫がいい
ががががが。ががががが。
死に際悟って 消えたいな


時計にバターを
ジャムとティーと砂糖とベリー
狂った時間だけ
踊って壊れて鳴り響き

何度も何度も脳内で
たった一人の世界のなかで
世界を作って壊して作って
朝顔の露のごとし

ががががが。ががががが。
笑い止まらず 故障中ー。
ががががが。ががががが。
部品が足りない まぁいいか。
ががががが。ががががが。
最期の世界は きれいかな。
ががががが。ががががが。
悲しみが無い 猫がいい。
ががががが。ががががが。
笑って死ねれば 僕の勝ち



ががががが。ががががが。
ががががが。ががががが。
ががががが。ががががが。ががががが。ががががが。
がががががががん。


*************
しょーしつがんぼーはかいしょーどーきょしょくしょーどさいらい?

クラとカラオケいってきたv
久しぶりにシャウト聞いた(笑)素敵vv(*´艸`)
[PR]
by I-v-music_wordrum | 2007-05-23 22:17 | 即興詩

じたんだ



薄っぺらく拡がる
言葉など要らない
腐った根元に咲く
花など要らない
嘘臭くかがやく
目なんて要らない
ただ欲しいのは月並みな事。
ただ欲しいのは月並みな事。

妙な眠気でおきた朝は
決まって星座は最下位
変に火がついた時は
決まって消えたくなる事実 舞込む

冷たい地べたはもう飽きたでしょう
顔を上げて、踏み付けてあげるから
優しい確信が砕けた今
こっちは涙も出ないくらいよ

薄っぺらく拡がる
言葉など要らない
腐った根元に咲く
花など要らない
嘘臭くかがやく
目なんて要らない
ただ欲しいのは月並みな事。
ただ欲しいのは月並みな事。


妙な眠気が襲う昼は
決まって天気は気分屋
急に顔がよぎる時は
決まって忘れていた事実ひらひら

後悔、涙、もう見飽きた
最初から、予想はできたけど
強気の姿勢をくずしそうだわ
雨垂れの兆しが煙たい

薄っぺらく拡がる
言葉など捨てて
枯れ始めたお花に
お水を注いで
きな臭くただよう
嘘の気配を焼いて
ただ欲しいのは声と聲と声。
ただ欲しいのは在り来たりな事。

薄っぺらく拡がる
言葉など要らない
腐った根元に咲く
花など要らない
嘘臭くかがやく
目なんて要らない
ただ欲しいのは月並みな事。
ただ欲しいのは月並みな事。

声と聲と涙。



**********
ここ数日で色んなことありすぎて何もかけなくなった反動かしら。
書き始めたら20分も経たなかった。
[PR]
by I-v-music_wordrum | 2007-05-21 23:47 | 即興詩

一滴の腐食



46億の、一滴の腐食
真っ赤なネイルがはがれる
踵もあかくさび付くわ
強すぎる毒性、一滴の腐食。

負荷と愚業に喰われる
再生と、崩壊。

不死と可死。
壊死は不死。
意志は可死。
悪死と不死。


*************
ふと、自分が不老不死だったら?
と考えたらまとまんなくなった…

ゾンビは死なないけど生きちゃ居ない。
崩壊と再生を繰り返すだけで人格も記憶も無いだろうし。
こーゆーの、アンデッドっての?
死ぬこともできなきゃ生きることもできてない。

…不死ってなんなの?

んじゃ不死じゃなくて
もしも千年、寿命があるとしたら?

…これでも人間にしちゃ時間が有り余って感覚も鈍感になるし
無気力になって、結局百年生きるのと中身は大差なさそうだ。
その前に私なら発狂するだろーな・・

「生きてる」って何を差してる??


時間は擦り切れるほどの摩擦で過ぎていく、ってか。


…詩よりなげーよ、ぼやき(笑
[PR]
by I-v-music_wordrum | 2007-05-01 23:01 | 即興詩

雨上がり



ふと目覚めると
ラベンダーの香り。
外に出てみれば
モヤがかった空気。
裸足で歩き出せば
濡れた若草が薫る

気付くと雫は
アルカロイドの雨
中側から溢れる
香しい和毛
裸のまま抱いて
優しい肌触りで

眠りにつく 聲が聞こえる
落ちる先は 夢の中?

それは雨が上がった日で
気化して逝く 思いを吸い込んで
染み込んだ 湿り気がただ
遠くへ連れて行く
あの日まで あの場所まで


そっと手を伸ばし
触れようとした花火。
外を覗いたら
町中がキラキラ
素足で走り出した
揺れる星空がきれい

眠りにつく 聲が聞こえる
落ちる先は ***?

それは雨が上がった日で
気化して逝く 輝き掴み取って
収まった 光の数だけ
遠くへ逃げられる
あの日まで そう思ったの

それはとても晴れた日で
神様など 居ないと気付いてた
握り締めた 手のひらにはただ
遠くへ連れて行く
相手すら 手段もないけど

それはとても晴れた日で
気化して逝く 思いを吸い込んで
染み込んだ 輝きがただ
遠くへ連れて行く
あの日まで あの場所まで


**************
危ないうた‥(笑)
[PR]
by I-v-music_wordrum | 2007-04-17 10:11 | 即興詩

迷いの果て



嵐がとおりすぎる
焼き付いたのは
暴れるくすのき
薄暗い不安に 生温い強い風

背中を打ち付けたのは
懐かしい、戻れない、あの小屋

無くした火とは愛の事
広い迷路に迷ったようだ。
咳が止まらない、ただ嗚咽
祈りは消されそうだけど
たったひとつ今望む事
「夢であれ」ただ其れだけ


嵐がひどくなってる
止まらないのは
胸焼けと寒気
生温い風に 薄暗い悪い予感

突然の白昼夢
もどかしい、やるせない、あの頃

亡くした人は人づたい
黒い雷が落ちたみたいだ
涙がとめどなく、ただ嗚咽
黒くて不気味なくすのきに
たったひとつ今祈る事
「夢であれ」ただ其れだけ

突然の白昼夢
悲しくて、切なくて、頬伝う。


*************
インフルちゃんでぶっ倒れましたww
で、さっき見た夢が題材。
バカ広い建物で迷い、地上に出ても全くわからず彷徨い。
のちに嵐になって紺色の空に逆光の大木。
見知らぬばーさん家で雨宿りをし、
でていこうとしたら友達の死を伝えられ‥‥‥
なかなか面白い夢みせてくれるぜ、インフルエンザw
[PR]
by I-v-music_wordrum | 2007-04-12 21:15 | 即興詩

ハコ



強い空に手を伸ばし
じぐざぐの光浴びて
呟いた名前がとけた
しなやかに歩き出せるかしら

つながりは絆とは違う
身の程に嗤えてくる

木洩れ日の中、匣を抱え
新品のパンプス 靴擦れが痛い
消えないのは あやふやな過去
昨日の世界は消えた。もう消えた
ろうそくの火も消えた。もう尽きた。
哀願の日もじきに、消えるだろう。
でもなんだっていいか。
もうハコにおさまったのだから


暗い空を見上げては
差し込んだ光探して
呟いた名前が凍る
あざやかに思い出してしまう

おとついの明日は昨日じゃない
戯言に涙したわ

小さなハコに収まった日々
開けてはならないから
燃やしました。灰にしました。
風に預けました‥。

星空の下、匣を投げた
乾燥した空気 涙目になる
消えないのは あざやかな痕
私の世界が燃えた。ただ燃えた。
かがり火よりも強く。激しく。
愛玩の日はもう、消えないけど
でもなんだっていいか。
もうハコも燃えてしまったから



***************
夜の満員電車はなぜかかきたくなる(笑)
[PR]
by I-v-music_wordrum | 2007-04-04 22:45 | 即興詩

キネステゑゼ



自分に欠落など
ないと信じ切っていた

自分は一人で生きれると
そう...思っていた

侵されてしまった
優しい温もり。
浸されてしまった
安らぎの薫り...。

自らに欠陥など
あるはずも無いと思ってた

自ら人を求めるなど
ないと...思ってた

冒されてしまった
寂死い、軒風。
冒されてしまった
孤独の自覚が...

愛した孤独、愛した私
愛した涙、愛した兆し


自らに陥落など
あるわけ無いと思ってた

擱かされてしまった
繋いでて、その手を。
措かされてしまった
名前をよんで...

愛した夜闇、愛したあなた
愛した血筋、愛した灯り

愛した孤独、愛した私
愛した孤独、愛したあなた。




*************
私は孤独である、と解するには
ぬくもりに触れるまで不可能である
...てか。
[PR]
by I-v-music_wordrum | 2007-03-29 22:42 | 即興詩

みらいよじ


不確かな自覚と

不確かな世界に

不確かな日常

いや、<日常>すらも

不確かで



そんな時流にのせて

なんて素敵な言葉。



「また、あした。」




******************
久しぶりに詩でも。
復習したら日常生活怖くなったわー(*´・д・)(・д・`*)ネー
[PR]
by I-v-music_wordrum | 2007-03-23 02:00 | 即興詩

カテゴリ

はじめに(あいさつ
ぼやき(日記?


即興詩
五行詩
漢字でGO!

リンク集


∞ユメマボロシ∞

【管理人:美城 紗羅さま】

Diretto strada

【管理人:香澄 郁さま】

きまぐれの詩

【管理人:嵐兎わん様】

からしの脳内図書館

【管理人:からし様】
紅花
【管理人:林檎さま】

作詞しようよ!

【管理人:矢入ケーイチ様】

MIKAMIのへんなものさし
【管理人:MIKAMIさま】



作品力を上げたい!同盟



クリックお願いします☆



消失同盟

リンクフリー&相互募集中です!^^
жバナーж

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧