i:kust:i


*詞と詩の公開*前の記事へのコメント大歓迎♪絵は[空色の夢]の絵夢さんに描いていただきましたvv
by I-v-music_wordrum
プロフィールを見る
画像一覧

泡の音と水の色



流れてく景色と
微かに聞えるメロディ
頭に響くのは
声と声と声

「死んじゃえばいいんだ」
誰かが囁く
甲高いクラクション
耳に響く

どこまでが本音だろう
どこからが夢だろう。
感覚の中でしか
生きられない。
ただ一つ
確かなこと
聞きたい音は
君の優しい
歌なんだ。




**********
夢見。
あー眠い‥‥
[PR]
# by I-v-music_wordrum | 2008-06-27 08:53 | 即興詩

えー‥



おひさしぶりです‥w
二か月弱放置してたら随分えろいこと‥じゃなかったえらいことになってましたね(。∀゜)
ちゃんと管理しようそうしよう汗

さて、六月なわけですが。
相変わらずばたばたダラダラしてますw
サークルのライブもあと二週間きりーの‥
検定も三週間きりーの‥
楽しみな初浴衣までもうすぐ三週間前になりーの♪

あー祭りに行きたい遊びたい
上手くなりたい頭よくなりたい(ぁ
みたいな、相変わらずのテンポでいきております(*´▽`)


詞もとんと書いて無いのでいい加減なんかかきましょーかね‥ι
[PR]
# by I-v-music_wordrum | 2008-06-04 14:22 | 即興詩

象る煙


薫き染めた部屋の中
むせ返るほどの甘美
散らかった床はまるで
ふて腐れてる僕

薫き染めた部屋の中
窓は締切ったまま
たち昇る煙りは、そう
拡散する憧れのヒト

チカチカする
あれは徐々に
大きくなる
口を開けて嗤う

足許浮かぶ
髑髏にご挨拶
独りじゃないよと
嗤う 嗤う
右足飲まれ
左腕は朽ちた
助かりたいから
右手 探る


抱き締めたクッションは
バラと桜の薫り
散らかった床のまま
ねぇ、まだ探す気なの?

チカチカする
アレが迫って来る
口を開けて食らう

隣りに座る
寒気にご挨拶
独りじゃないよと
僕を 抱いた
右手で探る
お香をつけて
大好きな匂い
夢へ 落ちて‥

夢の奥底
髑髏に会った
独りじゃないよと
僕は 抱いた‥
右足飲まれ
左腕は朽ちた
助けたいから
右手 探る‥


***********
夢見。
象られて行く。
[PR]
# by I-v-music_wordrum | 2008-04-18 11:53 | 即興詩

バラジオグレム



自分の重心を知った
何に寄り掛かっていたのか
何を抱えて居たのか
自分の身勝手を知った
何を壊していたのか
何を失ったのかを

そんなの今さら
言葉繋げば言い訳に下るし
そんなの今さら
だって変わったのはアタシだけ

バランスゲーム 指からこぼれて
どうしたってもう戻らない
だったら知らない振りをするよ
バランスゲーム 破戒した視界
どうにかなってしまいたい
自分を追いやって空にしたい。


自分の許容を知った
何を忘れてしまうのか
何が焼き付いているのか

そんなのどうにも
ならない様な大事じゃない
そんなの今さら
だってこの意識はアタシだけ

バランスゲーム 指からこぼれて
どうしたってもう戻らない
だったら知らない振りをするよ
バランスゲーム 破戒した視界
どうにかなってしまいたい
自分を追いやって空にしたい。


バイオレットフィズ煽って
限り無く透明で
限り無く清らかで
痛い程の刺激を


バランスゲーム 口許から流れる
名残惜しい歌声
それでも私はまた笑うから
バランスゲーム 破壊した機械
薄い絆だったの?
手の平サイズの心模様

まるで
バランスゲーム


********
頭に流れてきたメロディーにつらつらと。
誰の歌だろこれ‥あー思い出せない(´・ω・`)
[PR]
# by I-v-music_wordrum | 2008-03-17 21:22 |

生きるための犠牲


少しだけ
赤色を引きずり出す
切っ先はとても
柔らかくて

自己嫌悪
出来ない約束
したことが
唯一のウソ

生まれたこと
忘れてるわけじゃない
此所にいることの
相応しい理由が
見つからない
何もないと
卑屈になってもない
笑いかけられる
それだけで暖かい
温度に負けそう
分からないと
耳塞ぐでもない
今その瞬間
逃さぬように
必死なだけ‥


ほんの少し
赤色を眺めて見る
ほんの少し
滲ませて腫れさせる
切っ先が解放する

自己顕示‥?
出来ない生き方
それだけが
唯一の逃げ道?

死ぬ為に
したことじゃない
上手く生きる事の手段
一つの手段
可哀相な自分を
愛でたくはない
呼吸する
資格があるかと
考えるだけ
揺れる日差し 揺れる尻尾
全てが怖くて
冷える川を
流す為の
堤防くずして‥

自己矛盾
自己否定
重ねては‥寄せ返す



生まれたこと
忘れてるわけじゃない
此所にいることの
相応しい理由が
見つからない
何もないと
卑屈になってもない
笑いかけられる
それだけで暖かい
温度に負けそう
分からないと
耳塞ぐでもない
今その瞬間
逃さぬように
必死なだけ‥


**********
ライブ前に吐き出したかった。10分☆
まだ上手くかけない‥(´・ω・`)
[PR]
# by I-v-music_wordrum | 2008-03-16 07:55 |

カテゴリ

はじめに(あいさつ
ぼやき(日記?


即興詩
五行詩
漢字でGO!

リンク集


∞ユメマボロシ∞

【管理人:美城 紗羅さま】

Diretto strada

【管理人:香澄 郁さま】

きまぐれの詩

【管理人:嵐兎わん様】

からしの脳内図書館

【管理人:からし様】
紅花
【管理人:林檎さま】

作詞しようよ!

【管理人:矢入ケーイチ様】

MIKAMIのへんなものさし
【管理人:MIKAMIさま】



作品力を上げたい!同盟



クリックお願いします☆



消失同盟

リンクフリー&相互募集中です!^^
жバナーж

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧