i:kust:i


*詞と詩の公開*前の記事へのコメント大歓迎♪絵は[空色の夢]の絵夢さんに描いていただきましたvv
by I-v-music_wordrum
プロフィールを見る
画像一覧

迷いの果て



嵐がとおりすぎる
焼き付いたのは
暴れるくすのき
薄暗い不安に 生温い強い風

背中を打ち付けたのは
懐かしい、戻れない、あの小屋

無くした火とは愛の事
広い迷路に迷ったようだ。
咳が止まらない、ただ嗚咽
祈りは消されそうだけど
たったひとつ今望む事
「夢であれ」ただ其れだけ


嵐がひどくなってる
止まらないのは
胸焼けと寒気
生温い風に 薄暗い悪い予感

突然の白昼夢
もどかしい、やるせない、あの頃

亡くした人は人づたい
黒い雷が落ちたみたいだ
涙がとめどなく、ただ嗚咽
黒くて不気味なくすのきに
たったひとつ今祈る事
「夢であれ」ただ其れだけ

突然の白昼夢
悲しくて、切なくて、頬伝う。


*************
インフルちゃんでぶっ倒れましたww
で、さっき見た夢が題材。
バカ広い建物で迷い、地上に出ても全くわからず彷徨い。
のちに嵐になって紺色の空に逆光の大木。
見知らぬばーさん家で雨宿りをし、
でていこうとしたら友達の死を伝えられ‥‥‥
なかなか面白い夢みせてくれるぜ、インフルエンザw
[PR]
by I-v-music_wordrum | 2007-04-12 21:15 | 即興詩