i:kust:i


*詞と詩の公開*前の記事へのコメント大歓迎♪絵は[空色の夢]の絵夢さんに描いていただきましたvv
by I-v-music_wordrum
プロフィールを見る
画像一覧

象る煙


薫き染めた部屋の中
むせ返るほどの甘美
散らかった床はまるで
ふて腐れてる僕

薫き染めた部屋の中
窓は締切ったまま
たち昇る煙りは、そう
拡散する憧れのヒト

チカチカする
あれは徐々に
大きくなる
口を開けて嗤う

足許浮かぶ
髑髏にご挨拶
独りじゃないよと
嗤う 嗤う
右足飲まれ
左腕は朽ちた
助かりたいから
右手 探る


抱き締めたクッションは
バラと桜の薫り
散らかった床のまま
ねぇ、まだ探す気なの?

チカチカする
アレが迫って来る
口を開けて食らう

隣りに座る
寒気にご挨拶
独りじゃないよと
僕を 抱いた
右手で探る
お香をつけて
大好きな匂い
夢へ 落ちて‥

夢の奥底
髑髏に会った
独りじゃないよと
僕は 抱いた‥
右足飲まれ
左腕は朽ちた
助けたいから
右手 探る‥


***********
夢見。
象られて行く。
[PR]
by I-v-music_wordrum | 2008-04-18 11:53 | 即興詩